CRF250Rally開発中とうとう政府認証試験!

CRF250 comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

 

crf250Rally用のラリースピリッツを刺激するフォルムなマフラー作っておりましたが。

とうとう政府認証試験に行ってまいりました。
一応『JMCA』の会員なのでJMCAが月に一回開催する認証試験で獲れるんです。
勘違いされている方も多いと思いますが、政府認証試験と言うのはJMCAの規則では無く、
国の法律にお定められた範囲の音量と環境性能を満たしている事を関係省庁の監視の下試験を行い認証してもらう物なのです。
たまに「JMCAが国と結託して変な規則でマフラーの音静かじゃないと違法にしやがった」みたいな誤解をしている方も居ますが、
実際は全く逆と言っても良いです。
バイクユーザーさんのカスタムの楽しみを無くさないように、国側の人と相談して、
環境に沿った、法律を逸脱しない範囲でのアフターパーツの有り方を模索している団体なのです。
なので、商売上はライバルの各社ですが皆さん協力的にやっておられますよ。
まぁ、堅い話はこれくらいで。
試験結果は・・・・・・・・・ちゃんと合格しましたよ(ホッ)
あれあれ?
なぜ、CRF250Lなの??
と思った方は多いと思います。
実は上記の認証試験には「加速走行騒音」と言うのが有ります。
読んで字のごとし、基準条件から全開加速するときの走行騒音を測るのです。
加速力は重量が軽い方が高いですよね。
と言う事は、軽い車両の方が加速騒音が大きいはずです。
となると、ほぼ10キロ重いRALLYはLより静か。
つまり、同じ型式の「RALLY」と「L」では「L」で認証を取ればRALLYも適合車種になるんですね。
なので、急きょ「L」をお借りして試験に挑んだって感じです。
結果、CRF250Lにダウンマフラーを付けたい人も購入して頂けるようになりました!!
・・・?
ここで、あれ?と思ったCRF250フリークの方いらっしゃいますよね。
「CRF250Mの方がダウンマフラーに合うんじゃね?」
何で適合って言わないの???
実は、私も今回知ったんですよ。
「M」はタイヤ(ホイール)径が違うので2次減速比が違います。
その上ちょっと加速方向の味付けらしくって、同じ速度でもエンジン回転数が少し高いのです。
つまり先ほど書いたように、加速力が高いと加速騒音が大きくなる可能性が出てくるので、
なんと、再度試験をしないといけないのです・・・・・・。
誰か、『M』貸してくれ〜〜〜〜〜。(笑)

CRF250Rally開発中

CRF250 comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

 

開発しながらブログ書く人は尊敬します。

必死になって画像も撮ってれないもんね。
今回もさらっと流すだけブログですスミマセン。
初めてに近い(四年前に一回取っただけ)政府認証のために毎日頑張っていますが、
これは大変ですね(汗)

久しぶりにしては手ごわいことし過ぎかな(笑)

まずココね

 

アンダーガードカットしないとエキパイが出てこない。

しかしカウルを繋ぐ爪はカットしたくないのですべてを均等に避けると、
そこしかない場所を通さないといけない事になるのです。

 

 

これで大丈夫かな?

 

 

レイアウトは結構変えてるんですが、画像からは分かりにくいと思います。

分からないようにするのに苦労したもんで。
にしても、最新型のバイクの音量を下げるのは難しいですわ。
ちょっと欲張って音を落とすと、すぐに低回転域のギクシャクが始まる。
かと言ってパイプ径はこれ以上触れないし・・・長さで明日またチャレンジしよう!!
間に合うかな?試験は来週水曜やで(@_@;)

CRF250RALLYやってます。

CRF250 comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

いつもながら牛歩開発。
いやいや少しずつですが、ちゃんとやってますよ。
あまり長いブログを書く時間は有りませんのでちょとだけ現状をお見せいたします。
こんなん作ってます。
試作の試作なので、レイアウトも変わると思いますし、ステーなんか継ぎ足しですからねwww
『なんや?ダウンのマフラーはアップにアップのマフラーはダウンにするのか、アマノジャクか?』
いやいや、ちゃんと目指すものはコレ 当然ラリー車意識してますよ!!
同じものは出来ませんし、正直、本物のラリーに出るための物も作れません。
あくまで街乗りで雰囲気を楽しんで頂くために作ります。
なので、この形で政府認証取ってみたいと思います。
そのために今てんてこ舞いですわ。
苦手な書類などを書いて、音を規制値まで落として触媒入れて・・・・。
試乗して音質聞いてベンチテストもひかえてるし。
その上ね、CRF250RAlly持ってる方なら分かるはずです、
『どうやってダウンマフラーにするの?カウルとかカバーをどうするの?』
そうです基本無理なんです。
何処かをカットしてエキパイを出さないといけないんですね。
とりあえずアンダーガード的なカバーを避けて作っていますが、どうもこのアンダーガードの部品価格がサイドのカバーより断然安いのでこれをカットする方向でレイアウトは変えようと思います。
アンダーガードはどうせ欲しい人居るから作ればいいのですが、”餅は餅屋” ウチでは作らない方が良いでしょうね。
でもアルミで作れば問題解決しそうなんやけどなぁ?
また、認証試験後に詳しく書きたいと思います。
とりあえず今日はこの辺で。

CRF250RALLY

CRF250 comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

寒くなって来ましたね。
バイクに乗るのもつらいのに、もうマフラーなんて売れませんよ。
こんな時期は開発しないとね。
カブ110・・・・・・・
ではなくって、こんなバイク入ってきました!!
crf250rally!
カッコイイじゃありませんか。
カブばっかりではございません、他の車両もやっていきます。
しかし基本コンセプトと言うか、弊社のスピリッツは同じです。
しっかり政府認証取って安心して乗ってもらえる商品で存在感を持ったものにしたいと思います。
エラそうに言っても、ウチのようなちっこい企業には出来る事なんかしれてます、大量の資本を投じて革新的なことも出来ませんので、
手作りでの細工と知恵で顧客満足度を高めるように頑張ります。
って事でいろいろ見ていきますと、今回の新型はけっこう変更点が多いですね。
まずマフラーが太くなって全然違う。
センサー位置も変わってますね、
以前のモデルはシリンダーヘッドにセンサーが付いておりマフラーに付けなくてもよかって助かったのですが、今回はマフラーに付けないといけません。
メーター周りは・・・・・。
良く分りませんが、オーナーさんが色々付けてます。
今風なんですかねスマホホルダーは必須みたいですね。
さて、マフラー外しました。
押してスグ判る「軽っ!」
サイレンサーの重量を測ろうとしましたが、いつものはかりでは測れません。
5キロオーバーなので体重計に乗せました。
約5.5圓任靴拭
まぁまぁの重さ、もっと重いと思っていました。
マフラーを作る前に普段使いの回転数辺りの出力特性を知らないといけませんので、まずは試走してみました。
さすが最新型のエンジンは気持ちよく回りますね。
1馬力パワーアップされているとはいえ、250ccのシングルエンジンなので高望みは出来ませんが、街乗りには十分パワフルです。
しかし、ゆっくり走ってみると意外
3200回転以下の低回転域がノッキング?的な感じで使いづらいですね。
ビッグシングルじゃないので当然なのですが、我々キャブエンジン育ちはアクセル合わしてそぉ〜と加速出来ないのが違和感です。
おっさんだけかなこんなこと思うの(笑)
しかしこの辺を中心に開発出来れば良いかと思います。
まぁボチボチやりますわ   とは今回は言ってれなくって、
実は期限が有るんですけどね。

新型カブ110なんですが・・・・・。

カブ110 comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

新しいカブ110に今のうちの現行ファントレックマフラー付くかな〜♪
と、のん気にしていましたが・・・・。
ゲっ!!
新しいカブ110のエンジンはコレ
それで、ウチのマフラーはと言うと・・・・・
ガチあたりじゃ無いっすかぁ〜(@_@;)
新設されたオイルエレメントがもうどうしようもなく当たります。
一からやり直しになりそうやなぁ。
カブ110とクロスカブ、さらにプロまでが型番違いになるそうで、
全部購入するのもなんなのでクロスカブ待ちで開発しようと思っていましたが、2月と言ううわさも。
これまたタイミング逃しそうやん。
まぁ、ずっとそうなので良いのですが(笑)
誰か近所でカブ110買ったけど乗らないよって方居ませんかね?居ませんかな?
まぁ頑張りますか!!
無料ブログ作成サービス JUGEM