クロスカブアンダーガード

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

レースのブログを分けたら書くことがあんまりなくなってしまいました。

この時期は辛いっすね。
現在好評発売中のクロスカブ、カブ110用のファントレックマフラーですが、
たまに問い合わせ頂くのが、「アンダーガード付けれますか?」です。
きっとタケガワさんのこれだと思います。
ごめんなさい、まだ確認できていません。
なんせエンジンの下でトグロ巻いていますので無理なんじゃないかなぁ〜。
でも、今見てみると付くかも?と思ってしまいますね。
付けてみて、無理だったら作ってみようかなファントレック専用で!と考えております。
どうでしょうか需要有るのかな?

クロスカブ110ファントレックマフラーサウンド

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

 

クロスカブ110用ファントレックマフラーの音を動画で撮りました。

フェイスブックページでは公開していたのですが、youtubeにアップしたので、
こちらにもリンク貼っておきます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=f_NgEUVfZfE

 

 

やさしい音を目指して特殊内部構造としています。

 

どうしても録音状態(後方から録音するとダメみたいですね、失敗だ)などでリアリティーと言うものがどれくらい伝わるのか分かりませんが、
購入時の参考になればいいかなと思います。
現在また在庫切れてるんですけどね(汗)

再開発

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

お待たせと言うか、お問い合わせ頂いたのに一時廃盤とお断りしていた「これ」ですが。
そうです、今さら(笑)のnsf100です。
再開発の段取りが整いつつあります。
ゆっくりとではありますが、以前の物より良い物を目指して開発していきたいと思います。
出来上がるのでしょうか(笑)

Z125開発してます・・・・・けど。

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

 

開発日記を書く人ってえらいね。

 

必死になるから覚えてないんですわ。
メモは取ってるから、テスト内容は分るんですよ。
でもね、画像撮るのが面倒なんです(笑)
これはベスト寸法じゃ無い物ですね、きっと製品は違う物になります。
今回めっちゃシャーシダイナモかけました、と言うかかけていただきました<(_ _)>
いっぱいテスト部材持込みでシャーシダイナも借りて、ほんとご迷惑おかけしました。
そのおかげで、良いテストになりました、今後につながると思います。
最初はこんな感じで色んな寸法が試せるようにしてベンチテストしていきます。
グロムに勝てるようにもうちょっと開発しますが、2月の鈴鹿ミニモト練習に間に合わせないといけないので頑張らねば!

新開発開始

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

 

久しぶりにK社 始めました。

開発レポートできるかな?

JP250用YZF−R25フルエキゾースト ウチのん使ってみたら?

オリジナルパーツ comments(4) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バ

 

一日に二回更新は初めてかな(笑)

書き忘れてました。
昨日JP250エントラントのいろんな車両を見ていると、ちょっと驚き!
数台のYZF−R25がノーマルエキパイを使用したスリップオンでエントリーされていました。
分らないでもないです。
ノーマルのエキパイがエンジンにマッチしており、これを超えるマフラーを作るのは結構大変な作業でした。
最初はウチもスリップオンから始めたくらいですから。
もしかしたら、どこかのフルエキを買ってみたのだが、乗りにくい、セットが出しにくい、結局タイムも変わらない。
転倒して、修理も買い直すのもけっこう高額。
一回ノーマルで走ってみたら、「こっちの方が良いやん!」となったのかも知れません。
それなら、弊社のマフラーはどうでしょうか?
その出力特性からN-PLANさんに採用して頂いています。
きっと皆さん9000回辺りのトルク不足を感じてるんじゃないでしょうか?
そうなんです、普通に作るとそうなってしまいます。
そこでパイプ径や長さを微調整すると、ちゃんとこうなります。
※ちょっと分かりにくいですが、赤が弊社レーシングスリップオンの試作品、青がレース用フルエキです。
ね、ちゃんと補ってるでしょ。
ウチのマフラーを使ったライダーから「良いっすよ、乗り易い、一気に良いタイム出ました」と嬉しい言葉を頂きました。
その選手はそのレース2位になっていました。
今回も♯44薦田選手は雨の中怪我も癒えてない状態なのに、予選最後尾33位から16位(NAクラス14位)まで追い上げて『ジャンプアップ賞』もらっていました。
これも、乗り易さの証明ではないでしょうか。
※この車両には吸入ダクトなど何もない状態でマフラーとサブコン(かな?)程度のチューニングです。
グラフにすると、ちょっとした違いですが、乗ってみると確かに感じる乗り易さ!
一度お試しください
値段も頑張りました!税抜85,000円で販売中です。(現在在庫切れですので予約受付中(汗)
※定価を間違っておりましたので修正しました

GROMカップ用レーシングスリップオン完成!

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工
HRC GROMカップ用レーシングスリップオン出来ました。
画像もしっかり撮れてませんが、お急ぎの方もいらっしゃると思いますのでとりあえず載せます。
価格は35,000円(税抜)です。
判りにくいと思いますが、前回の画像との大きな違いはパイプの曲げです。
バンク角のためにコストが多少かかるのですが、2回曲げとして出っ張りを少なくする対策しました。
また詳細が分る画像を次回載せますね。

 

※画像のサイレンサーが青いのは傷防止のガードテープです。焼き色や、着色はしておりません。

JUGEMテーマ:車/バイク

GROMカップ用レーシングスリップオン

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工

JUGEMテーマ:車/バイク

雨ばっかりですね。
気分まで湿っけては居られません!
グロムカップ用のスリップオンはほぼこの形で行こうと思います。
若いライダーにも乗ってもらって頑張ってもらいたいので、コスト(これが一番難しい)も考えないといけません。
さて、この時期の激務のどこにこれを作る時間を取るのか?
予想外の事も有ってステーもやり直しやしね。
う〜〜〜ん
来月中旬(第一戦には間に合わんかったなぁ・・・)位にはどうにかしたいところです(8耐寸前やん(汗))。
とりあえず、明日スポーツランド生駒に展示してあると思いますので、ご興味のある方は行ってみてください。

ホンダGROMレースベース車スリップオン開発

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工
JUGEMテーマ:車/バイク
 
レース用ばっかりしてたらアカンと思ってるのに。

またレース用ですわ(笑)

今話題の新型GROMが入ってきたので早速取り掛かっています。
グロムカップ専用エキパイが付いています。





さっそくいつものWR'Sさんにシャーシダイナモを借りてベンチテスト。

今までのグロムとはちょっと違う特性???

スリップオンなのでそんなに特性が変化しないだろうと思っていたのですが、意外と・・・?

やっぱり簡単に出来る物は無いですね。

まだまだ頑張ります。

 

yzf−R25のレース用マフラー開発その2

オリジナルパーツ comments(0) - 板金工
JUGEMテーマ:車/バイク
前回からちょっと間が開きましたが・・・。
どこまで書きましたっけ(笑)
・・・・過去のブログ読み中・・・・・

そうでしたね、パイプ径を変えていきました。
細いパイプから始めたのは以前にも書きましたが、そのパイプを選択した原因はポートの小ささです。


Φ20个らいですかね。
でも間違えてはいけないのは、小さいからってパワーが出ないって事でもないみたいなんですよね。

過去の経験から考えると、すごく小さいってほどでも無く、某ミニバイクツインカムキットなんかは同じようなポート径で20馬力以上をたたき出していますから、そんなものなのかもしれません。

そんな事に惑わされず、テスト結果をコストも考えながらまとめる作業に入りました。

※これはとりあえず走れるように急いで作ったやつですね。ステーも仮です。


まだまだ経験が足らないのですが、テストの進行具合っていろんなパターンが有ります。
ピークパワーがすぐに出るものの中速域のトルクがなかなか満足いかないパターンや、なかなかピークパワーが出きらないパターン。
それはエンジンの性格やスタンダード燃調に起因するものでもあると思いますが、
きっと、作る側の最初の勘所の持って行きようだと思います(笑)
それが作る人の個性であり、商品の性能の個性だったりするんではないでしょうか?

今回はどちらかというとピークパワーがなかなか出なかった。
「すごく回るけど、パワー感が無い」と聞いていたので中速域のトルクアップを中心に開発を進めよう!

と考えたのが苦労の始まりで・・・ピークのパワーがじぇんじぇん出ませんでした。


頑張ってこれ、最初は青線(レース用のスリップオン)を超えるのが大変でした。
やっと超え出したのがこのグラフ。

これでスタンダードに対しては2.4馬力ほど多いのかな?
これで良いかと思ったのですが、さらに進めていくと



高回転のパワーが上手く出だしました。
エンジンにマフラー寸法がマッチしてきた感じがしますよね。

実はピークだけならもっと行けそうだったのですが、ちょっと中速域が痩せだしました。

レースには必要じゃない回転域かとも思ったのですが、パワーが無い車両のレースでこそ中回転域が重要なのは、鈴鹿ミニモトで経験しました。
これ以上のピークパワーを求めるのはやめました。

その上、これはレース用なので、エンジンコントロールマップの変更でさらに方向性が変化するはずなので、まずはこれで作りましょうと決定!

しかし・・・・・普通に作ると車体に収まらない・・・・・。

カウルに当たったり、バンク角が足らなくなったりで微調整を繰り返して出来上がり!
 


工具が散らばっています、いけませんね(笑)

鈴鹿を38秒で走ってもどこも路面に接地するところが無かった(転がってダートに接地しましたけどね岩〇君)のでバンク角も大丈夫。
しかし、レース用は常に進化しなければいけないと考えています。
このマフラーは何も問題が無く一年走行しました。

問題が無いって事はそれも問題でありまして・・・。

ダメな所を改良するからこそ良いものが出来た実感がわき、皆さんに使って頂く自信になるんです。

なので、問題点を出して頂くためにも、沢山の意見を聞きたいので新たに
N-PLANさんにもご協力していただく事になりました。
けっこうドキドキなのですが、どうなる事やら。

 
P.S.結果は上手く行かなかっても上手く行っても記事にしないと思います(笑)
 
無料ブログ作成サービス JUGEM