CRF250Rally量産に向けて

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 19:49

JUGEMテーマ:車/バイク

北の大地での激しいテストから無事生還してきました、このマフラー!
ちゃんとテストすると色々改善点が出てくるもので、やっぱりテストはキッチリしないとね。
パワー特性はもちろん大事で慎重に進めてきましたが、
それ以外の使い勝手であったりトラブルを未然に防ぐための物だったり、実走テストはやっぱり重要ですね。
出来る範囲内での改善に早速取り掛かっています。
一番重要ポイントはココ!
ここのパイプ位置が低いのが問題。
分かっていましたが、ブレーキペダルとの干渉は絶対に避けなければいけません。
ブレーキ掛からなくなってしまいます。
しかし、アンダーガードより下に有っては、岩などにヒットした場合パイプが凹んでしまいます。
凹むくらいなら良いのですが、完全に潰れてしまっては、そのレースをあきらめなくてはいけません。
なので、もうちょっと上に上げて、でもブレーキペダルを踏み込んでも当たらない位置を模索しないと・・・。
ん?
レース? と思った方
正解!
このマフラーはレース用ではありません。
しかし、レース(ラリー)にも使えるようにしないといけないのです!!
皆さんは国内でバイクのラリーを開催してるって知ってました?
私は知っていましたが、こんなに本格的な物になっているとは知りませんでした。
(ツーリングオリエンテーションみたいなものだと思っていました)
しかし本格的ラリーと言えども、日本の公道を使用します。
そこにはレース用マフラーでは日本では問題アリみたいなんですよね〜〜。
(ここはまだ良く分かっていないのですが・・・・・)
ラリーにも耐えるマフラーとかちょっとカッコ良くないですか(笑)
例えるなら『Gshock』のようにね!
頑張ってみます。
(※まぁ大体普通にマフラー作れば耐えます。)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

時計

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM