新型クロスカブ110は納車はまだです。

2018.02.23 Friday

0

    なJUGEMテーマ:車/バイク

    前回の記事で、CRF250に手間取ってると書きましたが、
     
    何に手間取っているかって分かりにくいと思います。
     
    ズバリですね、「コストカットと取り付け精度」なんです。

    取り付け精度は今回かなり重要ポイントです。

     
    アンダーガードをカットしてパイプを取廻しているので、カットしたアンダーガードに当たったりサイドカウルに当たったりすることを極力避けたいので『ここ!』っていう所に固定したいのです。
     
    しかし、今回はスタンダードとは全然違う所をマフラーが通るのでステー類が何もない。
     
    で、作ったのがこのラバーマウントステーだったって事です。

    つまり、今回の商品はステー類を全て設計して作らないといけないので、非常に楽しくって\(^o^)/
     
    めっちゃ高額!!
     
    になってしまいます。

    それを回避しなくては販売出来るような値段にならないのです。

    アルミステーもどうにか手間をかけない形で「L」のサイドゼッケンカバー?が取り付けれる形にしないといけない・・・・。

     
    上がコスト対策後で、下が試作品です。

    手間はかなり省けました。きっと値段は半分くらいになってます。

    大きいステーとなるので溶接の熱による伸縮も有り、

    一方を長穴にしないと車両の個体差を含んだ精度の狂いを吸収できないのも有ってこのような形になりました。


    やっと形が決まりました(ホッ・・・。)

    こんな事や、さらに車の買い替えや工場の改装、その他色んなことが二月にまとめてやって来たので
    今クロスカブが来ても何もできないのでもう少し遅くても良いです(T_T)
    コメント
    コメントする