CRF250RALLYのデリバリー、予約始めますが、注意事項です。

2018.05.17 Thursday

0

     

    皆様ありがとうございます。
     
    必死で作業しているのですが、なかなか難しいマフラーでして・・・・だれが作ったんや(T_T)
     
    もうちょっとなんです、ほぼ出来上がっているんです。
     
    製品化するには組み立てて溶接するだけではなく、箱などの梱包の段取りや、取説の制作なんかもあるのでもうちょいです。
     
    こんな状態でも「待ってるから無理せず頑張ってください」などコメントでいただいたりして。
     
    涙が出そうなくらいありがたいです。
     
    そこまで言っていただいてるので、予約を受け付けることにしました。
     
    価格は80,000円(税抜)となっております。
    製品仕様はパイプ部はステンレス製、フランジはアルミ製です。
    サイレンサーはチタン(アウターシェル)のみの設定です。ヒートガードもチタン製が付属しています。
    政府認証マフラーですので安心してご使用いただけます。
    近接排気騒音 87db 加速走行騒音 79db
     
    代金引換にて発送いたしますので、代金引換手数料が241円(税抜)が掛かってきます。
    ※5万円(税抜)以上は送料無料
     
    ホームページからメールでも良いですし、ファックスでも良いです。
    電話でも良いのですが、作業中だったりすると出れないこともありますので、出来ればメールファクスでお願いします。

     
    そこで、ご注文いただく前に、しっかり確認して頂く項目が二点あります。
     
    それはユーザー様サイドで取り付け時にアンダーガードをカットしていただかなければいけないということです。
     
    このスタイルを完成させるには、どうしようもありませんでした。
     
    この事で商品化を諦めかけた時期がありました、それくらい悩みました。
     
    ユーザー様サイドでこの加工ができるのだろうか?
     

     
    このようにカットしないといけません(^_^;)
     

     
    パイプはこんな感じで出てくるようになります。
     
    これでもギリギリですので、個体差を補正するようにうまく調整していただかなければいけません。
     
    プロの方からすれば、こんなやわらかい樹脂など問題にならないと思われますが、
    一般ユーザーからすれば、結構高いハードルになると思います。
     
    この事だけはどうにかユーザー様サイドで解決していただく必要があるのです。
     
    これが一点目

     
    もう一つはCRF250Lのユーザー様がこのラリートレックマフラーを取り付ける場合のことです。
     
    『RALLY』と違い『L』はゼッケンタイプのサイドカバーがノーマルサイレンサーに取り付けられています。
     
    当然ラリートレックマフラーに変更すると付かなくなるのですが、その場合ステーが丸見えになってしまい、
    なんとなく全体のデザインを崩してしまいます。
     
    で、オプション設定で『L』用のサイドカバー用のステーを設定しました。
     


    これも苦労したんですよ、コストあんまりかけれないですからね・・・・。
     
    サイドカバーに取り付けている平たい帯状のアルミステーがそれです。
     
    サイドカバーを取り付けたいときは、購入していただく必要があります。
    ※まだ値段設定していないのは秘密です。

     
    少し購入に腰が引けた方もおられると思いますが、個人では難しいようでしたら、しっかりしたショップ様に相談するなどしてご検討ください。
    ご注文お待ちしております。
    コメント
    コメントする